スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

Safari 5.1.2へアップデート完了!

2011年11月30日 23:24

本日AppleよりSafari 5.1.2がリリースされましたので、早速私もアップデートしました。


Place_in_the_sun

変更点は下記の通りです。




このアップデートでは、様々な点が向上しています。主な修正内容は以下の通りです:
・安定性が向上
・システムが応答しなくなったり、過度のメモリ消費を引き起こす問題を修正
・Web ページが白くフラッシュする問題を修正
・PDF が Web コンテンツ内に表示されるよう修正




作業前後にアクセス権の検証&修復をしておきましたが、私の環境では今回のアップデートでアクセス権が狂ってしまう事はありませんでした。ちなみに今回はソフトウェア・アップデート経由で作業しています。


さて、アップデート後の使用感ですが、今のところ何も問題なく思った通りに動いてくれています。
まぁ私の場合は、Safariの機能拡張を全く使っていないようなライトユーザーですから、元々不具合に遭遇しにくいというのはあるとは思いますが・・・
強いて言えば、アップデート前はたまにですが、サイトに接続しようとすると接続した先が真っ白になっちゃう事がありました。ただこの数時間そのような現象に遭遇していないところをみると、アップデートで直ったのかもしれません。
あと、ページの読み込みが若干遅くなった気もするんですが、これは回線の込み具合に依るところも大きいので、しばらくは様子を見てみようと思います。


それはさておき、以前よりSafariでCookieの取得設定に関わらずCookieを取得してしまっていた問題は今回のアップデートでようやく改善されました!
Safariの環境設定で設定したとおりの挙動をしてくれるようになっています。
相変わらず同設定のヘルプ内容は昔のままですけどね(笑)


ただ、iTunes Store上での一部の動作がSafariのCookie設定と紐付いている(参考記事:iTunesとSafari、無視出来ない関係)ということを知った今となっては、私自身あまりこの設定を変更する事はないと思います。iTunes Storeで結構頻繁にApple IDにアクセスする身としては、Cookieを取得しない設定だととても不便なので・・・


しかし、ユーザーの好みに応じてON/OFFが切り替えることが出来るというのは実に当たり前のことではありますが、それでも改めて出来るようになってみると気持ちのいいものですね。何にせよ直ぐに確認出来る不具合が放置されなくて良かったです。


私自身、リーディングリストなどまだまだ便利に活用出来ていない機能もあるので、これからもSafariをメインブラウザとして快適に使っていきたいと思います。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m
スポンサーサイト

OTAでiOS 5.0.1へアップデート完了

2011年11月12日 00:22

日本時間の11月11日、AppleよりiOS 5.0.1がリリースされました。


iPhone_4S_OTA

iPhone 4S、つまりiOS 5がリリースされてから初のアップデートです。
既に多くのニュースサイトやBlogなどでアップデートの内容などが閲覧できますが、一応備忘録として・・・


今回のアップデートの内容は下記の通りです。




・バッテリーの連続駆動時間に関する問題を修正
・iPad(第一世代)のマルチタスキングジェスチャーを追加
・”Documents in the Cloud”機能に関する問題を修正
・オーストラリア英語による音声入力時の認識精度が向上




また、これ以外にもセキュリティ対策として、下記のカテゴリーにて計6件のバグを修正しているようです。




・CFNetwork
・CoreGraphics
・Data Security
・Kernel
・libinfo
・Passcode Lock


Apple(英語):About the security content of iOS 5.0.1 Software Update




私も昨日アップデートを行ってみました。
初めてのOTA(Over The Air)でのアップデートということでバッテリーが持つかどうかだけが心配でした。
アップデート中にバッテリー切れなんて目も当てられないですからね。
実際作業を行ってみたところ、89%でアップデートを開始し、85%で終了しました。
以外にバッテリーを消費せずに完了するんですね。
だからといってどんな環境でも4%しか消費しないのかは定かではないですし、50%以下の残量だとOTAでのアップデートは出来ません。電源が無い環境ではアップデート前のバッテリー残量にだけは注意したいところです。


アップデート後はさすがに見てとれるような変化があった訳ではないですが、文章をフリック入力する際に多少感じてたもたつきに起因する誤入力(のようなもの)は今のところ感じなくなっていました。
私は決して文字入力が早い方ではなくはっきり言って遅い方なのですが、それでも自分の操作についてこない事に「こんなもんなのかな・・・」と若干の違和感を感じながら使っていました。
しかし今のところ特にそういう場面に遭遇せず、iOS 4の頃の感覚と変わらないところを見ると、日本語入力周りも何かしら改善されたのでしょうかね。とりあえず現状では違和感も感じなくなりましたし、しばらく様子をみながら使っていこうと思います。


また、巷で話題になっているバッテリーに関してですが、位置情報を最初からOFFにしている私は、あまりアップデート後の差を感じることはありませんでした。これは元よりバッテリーが極端に減っていくという状況に私自身が遭遇していなかったからだと思います。もう少しiPhoneで色んなアプリをバンバン使っていれば、その違いも分かったのかなぁ・・・


さて、私が気になったことが2つあります。


ひとつは、iCloudを使用していない場合、OTAでのアップデートだとバックアップはどうするんだろう、ということ。
作業前にiTunesに繋げてバックアップを行っておけば、どのようなアップデート方法でも何か問題が起きた時にはバックアップから復元を行えます。
しかし、その作業を行わず(または行えない状況で)OTAのアップデートを行うと、iCloudでバックアップしていない限りアップデート前のバックアップデータは残らないんじゃないのかなぁ、と。
ひょっとしたらiPhone内に取得されていたりするんでしょうか?


もうひとつは、iOS 5から差分アップデートを行うようになったことです。
これにはもちろん大きなメリットがあります。これまでのような1GB弱ものOSをアップデートの都度ダウンロードしなくて良くなったので、作業が短時間で終わるようになりました。ちなみに今回の私の環境で10分くらいでした。
それはもちろん嬉しいのですが、使用しているうちに抱えてしまったOS自体の不具合(ファイル破損など)などがあったら、それを引きずったままアップデートされてしまわないのでしょうかね・・・
最悪引き継がれたとしても、iTunesに接続してバックアップから復元すれば(出来れば)いいのでしょうけど、先に述べたようにバックアップがしばらく取れていない状態だと、一番直近に取ったバックアップ以降のデータが消えてしまうことになりそうで、ちょっと不安です。


まぁ、そうした事も私が知らないだけで、きっと難しく考えなくてもきっと何かしら方法がある、または意識しなくても良いんでしょうね。
ただ、いざという時にデータが消えてしまって困るような事にならないよう、念の為その辺りの管理には注意しようと思います。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

Safari 5.1.1にアップデートして

2011年10月18日 19:53

頭の中がiPhone 4Sで一杯だったせいか、MacBook ProのSafariをアップデートしたのをすっかり忘れていました^^


Extreme_in_my_home

今回の変更点は下記の通りです。




このアップデートでは、様々な問題が修正され、パフォーマンス、安定性、互換性、アクセシビリティ、およびセキュリティが向上しています。主な修正内容は以下の通りです:


• JavaScript のパフォーマンスが Safari 5.1 と比べて最大 13% 向上*
• システムが応答しなくなったり、過度のメモリ消費を引き起こす問題を修正
• 検索中、タブのドラッグ中、および機能拡張の管理操作中の安定性が向上
• Silverlight プラグインが使用されている netflix.com およびその他の Web サイトでの安定性が向上
• Flash コンテンツを含む Web ページで日本語などの東アジア諸言語の文字を入力できなくなる問題を修正
• 履歴の項目表示が不正確となる問題を修正
• Safari のプリント機能が向上
• Google セーフブラウジングサービスをアップデートできない問題を修正


このアップデートのセキュリティ内容については、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP


*4GB の RAM、および VRAM 512MB 搭載 AMD Radeon HD 6770M を装備した 2.7GHz クアッドコア Intel Core i5 搭載 iMac 21.5インチシステムで、Mac OS X v10.6.8 Snow Leopard を使用し、2011 年 8 月に Apple が実施したテスト結果によります。JavaScript ベンチマークの結果は SunSpider 0.9.1 に基づいています。 パフォーマンスは、システム構成、ネットワー接続状況、およびその他の要因により異なります。




前バージョンに比べ0.0.1のバージョンアップ版ですが、パフォーマンスの上昇やその他色々な不具合が解消されている模様です。
そんな中、私は今回のアップデートを以前より、今か今かと心待ちにしていました。
その訳は、Safariが5にバージョンアップしてからCookieが常に取得されるようになってしまったからです。
昔から私は、どうしてもログインに必要なサイト以外は基本取得しない設定でブラウザを使っています。
ヘルプ上ではCookieを取得しない設定が存在するので、やはりバグだったようです。
という訳で、今回のアップデートでは無事解決してくれるだろうと勝手ながら思っていました。


結果は・・・変わらず。常にCookieを取得してしまいます。
環境設定内の文言は修正されていますが、肝心の動作の方は改善されぬままでした。


Safari_5_1_cookie

Safari_5_1_1_cookie

また、ヘルプの内容は更新されておらず、前バージョンのヘルプ表記と全く同じものとなっていました。


Safari_5_1_1_cookie_help

文言を修正するという事は、対応したチームでもCookieに関しては意識して作業に当たっていると思われます。
その上でリリースされたものが取得してしまう、というのはひょっとして私の環境だけの問題なのでしょうか?
そうでないのなら、対策後はあまりちゃんと一連の動作確認をしていないのでしょうかね。そうだとは思いたくないですが・・・


また、アップデート後に私の環境では下記のように設定内容が変わっていました。
・デフォルト検索エンジンをGoogleに設定していたのに、yahoo! になっていた
・メニューバー > 編集 > スペルと文法 > 入力中にスペルチェック がオンになっていた
・メニューバー > 編集 > スペルと文法 > スマートコピー/ペースト がオンになっていた


JavaScript のパフォーマンス向上だったり、メモリ消費に関する問題の改善など魅力的なアップデートではあると思うのですが、個人的には先に述べたCookieの不具合が改善されるまで、もうしばらく代替えのブラウザとしてFirefoxを使っていこうと思います。


早くSafariに戻りたいんだけどなぁ・・・


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m
Profile

ELMO-Jr.

Author : ELMO-Jr.
iMac G3(Rev.D)からのAppleファンです。
iMac G3 → 初代iMac G5 → MBP(Mid 2009)と使用してきました。
Apple製品以外にもカメラ、音楽、家電製品、インテリアなど、気になったものにふと思った事なんかを書いていきたいなと思います。
よろしくお願いします。

当Blogはリンクフリーです。
また、相互リンクも大歓迎です。
ご連絡頂けましたら、こちらからもリンクさせて頂きます。

Contact me
applecapsule2009あっとまぁくyahoo.co.jp
New Entries
Categories
Blog内検索
All Entries

過去の記事一覧

Monthly Archives
Recent Comments
Web Badges
Made On A Mac
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Privacy Policy
「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。
個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。
Access Count

Administrator Only
My Photos

ELMO-Jr.'s photostream


管理人の撮影した写真をFlickrで公開しています

Favorite Links
Recommend Items
クワイアットコンフォート15 Bose MIE2 mobile headset Bose Bluetooth headset
BlogPeopleに参加中
Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople
KODAWARISAN

KODAWARISAN


マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。