スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

SoundSticks IIから音が出なくなっちゃった

2010年09月28日 22:16

MacBook Proで音楽を聴くなら、さすがにProの名前が付くとはいえ本体のスピーカーでは厳しすぎます。
という訳で私はiMac G5と同じ時期に買った外付けスピーカー、harman/kardonの”SoundSticks II”を愛用しています。もう5年モノになりますが(笑)


my_soudstick_2

それが最近外付けスピーカーのイヤホンジャックを挿すと音が出なくなり、音量を調節しようとしても変更出来なくなったのです。
一旦ケーブルを抜くとMacBook Proのスピーカーからは音が出て調節も出来るようになるんですが・・・


volume_err

完全に鳴らなくなったかと言うとそうでもなく、イヤホンジャックを差し込む深さを微妙に調整しながら挿入すると、どこかの場所で音が鳴るポイントに遭遇するんです。また、端子を回転させるとひどい雑音がして音が出なくなったりします。
きっと物理的にMacBook Pro側のイヤホン端子が壊れかけているんでしょうね。


earphone_jack

かつてiMac G5を使っていた時にもイヤホンジャックがおかしくなって部品を交換した経験があります。
そのためMacBook Proでは購入当時より端子の抜き差しには細心の注意を払っていたのですが、やはり壊れちゃったようです。
アップルケアに入っているので修理依頼するしかないなと思っていたその時、急にある事を思い出しました。


「そういえばスピーカーの端子って掃除してないな・・・」


さっそく掃除を開始!清掃用のアルコールが無かったので軽く湿らせた布で気合いを入れて磨いた後、乾拭きして終了。
端子が濡れていない事を確認した上で再度MacBook Proへ接続してみると、かつてのように音量も調節出来るようになり、端子を回転させてみても雑音がほとんど鳴らなくなりました。


端子の清掃といえばメンテナンスの基本中の基本ですよね。すっかり忘れていて危うくMacBook Proのせいにするところでした^^
勝手な先入観(思い込み)には気をつけないといけませんね。反省、反省・・・


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m
スポンサーサイト

iTunes 10.0.1へアップデート完了!

2010年09月27日 00:23

iTunes 10.0.1がリリースされていたので早速アップデートしました。


iTunes_1001

今回のアップデート内容は下記の通りです。




iTunes 10.0.1 では、いくつかの重要な問題が修正されています。以下のものが含まれます:


• 画面にコントロールが表示されているかどうかによってビデオの画質が変わる問題が修正されました。
• アルバムアートワークを別ウインドウに表示して操作しているときに iTunes が突然終了することがある問題が修正されました。
• 一部の他社製ビジュアライザのパフォーマンスに影響する問題が修正されました。
• iTunes ライブラリとプレイリストに何も表示されない問題が修正されました。
• 一部の他社製共有ライブラリとの互換性が維持されない問題が修正されました。




また不具合の修正以外にも、これまでのGeniusサイドバーの代わりにiTunes 10から搭載されたPing用のサイドバーを表示/非表示させる機能も追加されました。ちなみに私は画面を広く使いたいので非表示を選択しています。


iTunes_1001_window

それから任意の曲を選択した時に、”Ping”ボタンが表示されるようになり、そこからPingの一部の機能とiTunes Storeへアクセスが可能となりました。


iTunes_1001_ping
iTunes_1001_ping_menu

私はPingを活用していないのでログインしていないのですが、その状態で”アーティストプロフィールを表示”を選んでもエラーが出てアクセスは出来ませんでした。


iTunes_1001_ping_err

実際のところ、Pingが世界中でどれほど好んで使われているのかは私には分かりませんが、とりあえず今のところ私には不要の機能です。
それよりも以前からiTunesは日本語のローカライズ対応が弱い印象を受けるので、そちらを改善してアップデートしてくれるほうが実用的で嬉しいんですよね。なんてたって一番使っているソフトですから・・・


iTunes_1001_ping_coment

もちろん、こんな誤字を見つけて揚げ足取りで言ってる訳じゃなくて、もっと基本的な動作の事を言ってるんですけどね^^
せっかくハードウェア/ソフトウェア共にデザインや使い勝手が優れた製品作りをしているのに、それを活かせていないようでとても勿体ない気がして仕方がありません。(これまでにもアップデートの度に何度も書いているかも知れませんが・・・)
Appleも日本法人がちゃんとあるんだから、もう少し日本語環境に対して追い込んでいって欲しいなと思います。
せめてユーザーからのフィードバックには全て目を通してくれていることを祈ってます。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

Google日本語入力に乗り換えてみました

2010年09月23日 11:57

iTunesが10になっても曲情報を表示させるたびに時間がかかる症状は改善しませんでした。
この症状はことえりを使用している場合のみ起こるものなんですが、私はApple純正にこだわっていたので敢えてことえりを使い続けてきました。いつかアップデートで改善されるのを期待しながら・・・


でも、待てど暮らせど改善される気配はナシ。Appleにフィードバックしても変わることはありませんでした。
そこでようやくことえりに見切りをつけ、代わりのIM(日本語を入力するためのソフト)を探すことにしました。


IM_image

まず思いつくのは昔からこの分野ではとても有名なATOKですが、今回私はGoogle日本語入力をインストールしてみることにしました。これはGoogleが無償で提供しているIMなので気軽に試すことができます。


私は大きな勘違いをしていたのですが、このGoogle日本語入力はインターネットに接続していなくても使用出来るんですね。てっきりネット接続状態でないと使えないものとばかり思っていました(汗)
これなら他のIMと全く遜色なく使えそうです!


インストールしてみた結果は快適でした。
Macを使用していて一番の不満だったiTunesの曲情報を次々に表示していくスピードが圧倒的に早くなりました。
改めて言っておきますが、これはGoogle日本語入力でなくとも他のIM、ATOKやかわせみでも同じです。
やっぱりことえりの影響だったんだ、と改めて確認しました。
しばらくこの感覚を忘れていましたけど、普段一番使うソフトの処理が早くなるだけでなんでこんなに嬉しくなるんでしょうね。
もっとも特別早くなったわけではなく、正常に戻っただけなんですが(笑)


使用メモリは50MB弱。CPUも無駄に使うことなく、なかなか好感がもてます。


私はUSキーボードなので困ることはありませんが、日本語キーボードをお使いの人なら”かな”キーの2度押しで間違ってアルファベットを入力しちゃっても日本語に戻せる(逆もしかり)機能が使えなくなるのはちょっと不便に思うかも知れません。
このあたりもGoogle日本語入力だけでなく他社製IMを使っていれば諦めざるを得ないんですが・・・


変換効率はことえりを使用していた時より賢くなった気はします。ことえりをみっちり鍛えていけばそんなに違いはないのかも知れませんが、Google日本語入力はインストール直後でも十分正しく変換してくれました。


また、環境設定からいろいろと設定を自分好みに変更できます。その中で私は使用統計データや障害レポートを送信しない設定にしました。こういった協力がより品質のいいものになるとは理解しているのですが、個人的にはこれに限らずユーザーデータをあまり送信したくないものでして・・・


使っていて概ね満足なんですが、入力文字種類の切り替えだけは非常に使いにくいと感じました。
先程も書きましたが私のMacBook ProはUSキーボードなので、ことえりではコマンド+スペースキーでひらがなと英語を切り替えます。また、ひらがなモードの状態でシフトキーを押しながらでカタカナを入力できます。
この感覚でGoogle日本語入力を使っていると、コマンド+スペースキーでは直近で使用した文字種類同士の切り替えになってしまい、その都度切り替わる文字種類が変わってしまうためとても戸惑ってしまいました。一応、文字種類に応じてショートカットキーが割り振られているのですが、私にはちょっと使いづらすぎます。
こうしたIMソフトは慣れが必要だと痛感しました。


Google日本語入力を導入することで、iTunesでの表示速度と引換えに文字入力の切り替えの簡便さを手放してしまいました。
もう少し使ってみるつもりですが、それでも慣れなければことえりに戻そうかと思います。
なんだかんだ言っても、やっぱり文字入力はコンピューターを使う上で基本中の基本。それくらいはストレスなく使いたいですからね。
その場合、iTunesは・・・我慢して使うしかなさそうですね。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m
Profile

ELMO-Jr.

Author : ELMO-Jr.
iMac G3(Rev.D)からのAppleファンです。
iMac G3 → 初代iMac G5 → MBP(Mid 2009)と使用してきました。
Apple製品以外にもカメラ、音楽、家電製品、インテリアなど、気になったものにふと思った事なんかを書いていきたいなと思います。
よろしくお願いします。

当Blogはリンクフリーです。
また、相互リンクも大歓迎です。
ご連絡頂けましたら、こちらからもリンクさせて頂きます。

Contact me
applecapsule2009あっとまぁくyahoo.co.jp
New Entries
Categories
Blog内検索
All Entries

過去の記事一覧

Monthly Archives
Recent Comments
Web Badges
Made On A Mac
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Privacy Policy
「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。
個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。
Access Count

Administrator Only
My Photos

ELMO-Jr.'s photostream


管理人の撮影した写真をFlickrで公開しています

Favorite Links
Recommend Items
クワイアットコンフォート15 Bose MIE2 mobile headset Bose Bluetooth headset
BlogPeopleに参加中
Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople
KODAWARISAN

KODAWARISAN


マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。