スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

Snow leopard フォントアップデートを当ててみました

2011年04月27日 22:29

My_violet_MBP

本日AppleよりSnow leopard フォントアップデートがリリースされました。


アップル:Snow Leopard フォントアップデート


このアップデートの内容は下記のとおりです。




Snow Leopard フォントアップデートにより、特定の OpenType フォントを表示およびプリントする際の問題が解決されます。このアップデートをすべての Mac OS X v10.6.7 ユーザに推奨します。




フォントアップデートということで、私も少なからず期待しながらアップデートしました。


アップデート自体は1分もかからず終了しました。その後再起動がかかります。
再起動後にアクセス権を検証してみましたが、アップデート前から新たにおかしくなる事はありませんでした。


アップデートを終えてまず試したのは、iTunesの起動です。
曲情報を表示させてみると・・・
う~ん、ダメです。動作の遅さは変わる事はありませんでした。


もともと今回のアップデートの改善内容が、OpenType フォントを使用したPDFファイル(※OS X 10.6.7で作成されたもの)がAdobeのAcrobat Readerで正確に読み込まれなかったり、10.6.7にアップデートしたらPostScriptプリンターで印刷できなくなった、といった不具合に対応したものなので、私が勝手に期待し過ぎちゃったようです(笑)


ちなみにMac OS X 10.6.7がリリースされたのが2011年3月21日(日本では3月22日)ですので、それから数えて37日後のリリースとなります。個人的には意外に早い対応ではないかと思います。
とすれば、それ以前の不具合が未だ改善されていない状況というのは、Apple本社がそれ自体を不具合だという認識を持っていないか、はたまた英語以外の問題のフィードバックが本社へちゃんと伝わっていない、またはなされていないのか・・・
本当のところがどのような理由にせよ、再現性の高い不具合やバグについては出来るだけ早急な対応をしてほしいものです。


あっ、記事を書いていたらiPad 2の発売日が発表されましたね。
明日4月28日からの発売という事で、最近よく目にしていた噂通りでした。最後まで秘密を守り通してサプライズというのも難しいんですね。まぁそれだけ各方面から期待されているということの証なのでしょうか。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m
スポンサーサイト

壊れちゃった?!外付けHDD

2011年04月23日 23:13

MBP_in_the_bag

私はデータの保存用としてAirMac Extremeに繋いだ外付けHDDを使用しています。
ちなみにこのHDDはTime Machine用としても使っています。


本日このHDDに容量の大きなファイル(16GB程のファイル)をバックアップしようとすると、推定時間が16時間と表示されました。
実際に16時間もかかるのかは定かではないですが、かなり時間がかかる事には変わりありません。
無線にしてもちょっと遅すぎる気もしますが、ここは一旦キャンセルしてMacBook Proに直繋ぎしてコピーすることにしました。


しかしデスクトップに表示された外付けHDDのアイコンをクリックしてもアクセスできず、エラーが表示されてしまいます。


BF_HDD_err

また、エイリアスを削除しようとしてもエラーが出てしまいます。


HDD_del_err

エイリアスなんか設定した覚えがないのにこのエラーとは何かがおかしい・・・
試しに再度AirMac Extremeに繋げると問題なく使用できるので、外付けHDD自体が壊れているのではなさそうです。


ディスクユーティリティで直らないものかと思い、ディスクの検証をしてみると、下記のようなエラーが出ていました。


ボリューム“********”を検証中
ジャーナリングが有効な HFS+ ボリュームを確認中です。
エクステントオーバーフロー・ファイルを確認中です。
カタログファイルを確認中です。
マルチリンクファイルを確認中です。
カタログ階層を確認中です。
拡張属性ファイルを確認中です。
拡張属性の数が正しくありません
(正しい値 92432、不正な値(現状)92592)
アクセス制御リストの数が正しくありません
(正しい値 91241、不正な値(現状)153574)
ボリュームビットマップを確認中です。
ボリューム情報を確認中です。
ボリューム“********”が壊れています。修復する必要があります。
エラー:このディスクは修復する必要があります。“ディスクを修復”をクリックしてください。


言われる通り、ディスクの修復を実行するとエラーは消えました。
しかし外付けHDDへはアクセス出来ないままです。


そこでターミナルを起動して現状を確認してみることにしました。
とりあえずは外付けHDDのディレクトリに下記コマンドで移動してみます。


cd /Volumes


移動したら下記コマンドで中身を確認してみます。


ls -la


内容を確認してみると、外付けHDD(※********の部分)に@が付いています。


drwxrwxrwt@ 4 root admin 136 4 23 16:06 .
drwxrwxr-t 30 root admin 1088 3 23 17:09 ..
drwxr-xr-x@ 26 **** staff 952 4 9 19:13 ********
lrwxr-xr-x 1 root admin 1 4 23 15:41 Macintosh HD -> /


その意味を調べてみると、この場合の@はEAがある事を意味しているそうです。
ちなみにEA(Extended Attributes)とはメタデータと総称されるファイル付加情報の1つだそうです。そこにはさまざまな情報が記録され、Spotlightによる検索などに用いられるとのことです。


(参考)マイコミジャーナル:OS X ハッキング!(253)Leopard解体新書(4) ~拡張された拡張属性~


この内容を下記コマンドで確認してみます。


ls -la@


すると、外付けHDDに関係するEAが「com.apple.FinderInfo」となっていることが分かりました。


drwxr-xr-x@ 26 **** staff 952 4 9 19:13 ********
    com.apple.FinderInfo    32


これはFinder情報を持っているものらしいのです。


そこでこのファイルをGoogle検索してみると、なんと同じ症状の方の記事を発見!
どうやらこのファイルは消しても通常使用に問題なさそうです。


ということで期待を込めて、私も削除してみます。
このEAの削除には「xattr」コマンドに「-d」のオプションを付けて実行します。


xattr -d com.apple.FinderInfo /Volumes/********
(※********は外付けHDDの名前)


一瞬で終わりました。ちゃんと消えたかどうか確認してみると、ちゃんと消えてくれていました。


drwxrwxrwt@ 4 root admin 136 4 23 16:06 .
drwxrwxr-t 30 root admin 1088 3 23 17:09 ..
drwxr-xr-x 26 **** staff 952 4 9 19:13 ********
lrwxr-xr-x 1 root admin 1 4 23 15:41 Macintosh HD -> /


そこでターミナルを終了させ、外付けHDDにアクセスしてみます。すると、ちゃんとアクセス出来るようになっていました!


ようやく直繋ぎでデータを保存できます(^_^;)
直繋ぎだと10分も待っていれば完了しました。やはり早いですね。将来的にThunderbolt対応のHDDなんかが出れば、こんなものあっという間に終わっちゃうんでしょうね。


全てのバックアップデータをこの外付けHDDに詰め込んでいるので、一時はどうなることかと思いましたが、直ってホッと一息です。
MacBook Proは日頃から調子を気にしながら使っていたりするのですが、これからは周辺機器にも注意を配らないといけないな、とちょっと反省の休日でした・・・


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

シリコンケースが劣化して

2011年04月21日 20:05

私は現在移動の際にはiPhoneで音楽を楽しんでいます。
iPhone 3GSを使いだして1年7ヶ月になりますが、それ以前はiPod(第3世代)が外出の友でした。


iPod_3rd

そんなiPodもiPhone 3GSへのお役交代当初は外付けHDDの代わりとして使っていたのですが、今ではその座も返上し、引き出しの中で休眠しています。
最近見る事がなかったのですが、久々に引っ張り出してみるとビックリ!
着けたままにしていたシリコンケースがベタベタと本体にこびり付いてしまっていました。


iPod_3rd_back

張り付いたケースを恐る恐る剥がしてみると写真の有様。汚いですね・・・


シリコン素材のカバーはその弾力性によりショックを吸収したり、汚れても水洗い出来るなどメリットがある反面、経年劣化で変色してきたり表面がベタついてきたりします。
それが頭にありながらケースをつけたまま放置してしまっていたのは完全に失敗でした。


ちなみに私は所有してきた歴代のMac全てにもシリコン製のキーボードカバーを着けて使用してきました。
もちろん現在使用中のMacBook Proにも着けています。
それらも同じで、現在もカバーを外すと数個のキーに油のようなシミがついちゃって、なかなか取れないでいます・・・


シリコンケースやカバーをわざわざ購入して着けるということは、お気に入りの製品を汚れや傷から守りたい、と思う気持ちがあっての事だと思います。しかし放置し過ぎるとかえって汚れてしまいますので、長期間着けっぱなしにする場合には注意が必要ですね。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m
Profile

ELMO-Jr.

Author : ELMO-Jr.
iMac G3(Rev.D)からのAppleファンです。
iMac G3 → 初代iMac G5 → MBP(Mid 2009)と使用してきました。
Apple製品以外にもカメラ、音楽、家電製品、インテリアなど、気になったものにふと思った事なんかを書いていきたいなと思います。
よろしくお願いします。

当Blogはリンクフリーです。
また、相互リンクも大歓迎です。
ご連絡頂けましたら、こちらからもリンクさせて頂きます。

Contact me
applecapsule2009あっとまぁくyahoo.co.jp
New Entries
Categories
Blog内検索
All Entries

過去の記事一覧

Monthly Archives
Recent Comments
Web Badges
Made On A Mac
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Privacy Policy
「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。
個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。
Access Count

Administrator Only
My Photos

ELMO-Jr.'s photostream


管理人の撮影した写真をFlickrで公開しています

Favorite Links
Recommend Items
クワイアットコンフォート15 Bose MIE2 mobile headset Bose Bluetooth headset
BlogPeopleに参加中
Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople
KODAWARISAN

KODAWARISAN


マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。