スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

Flickrを始めてみました

2011年05月17日 23:48

今日はお知らせをさせて頂きます。


MBP_in_the_shadow

今までに当Blogで使用した写真を、Blogのテーマとはちょっと違う写真を加え、Flickrに新しく公開しました。


Flickr:ELMO-Jr.'s photostream
http://www.flickr.com/photos/apple_capsule/


Flickr内では”Sets”として下記のようにカテゴリー分けをしています。
・Blog Photos:Blogで使用した、Apple製品を主とした写真
・Private shots:Appleなテーマとは少し違った写真


もしご興味があればサイドメニューのリンクからでもアクセスして頂けたら嬉しいです。


実は、過去記事の一覧のようにBlog内の写真を一覧表示させる事が出来ないか色々調べてはいたのですがなかなか思うようにいかず、また需要も無いだろうということで断念しておりました。
そんな時、Twitterでも仲良くさせて頂いている数人の方々からFlickrをやってみてはどうか?とのコメントを頂き、調子に乗ってこの度開設に踏み切りました。(^_^;


私はこれまでFlickrの存在は知っていたのですが、拝見したBlogさんの写真をクリックするとFlickrのページに飛んでいく、という時くらいしかアクセスすることはありませんでした。だから自分からわざわざFlickrにアクセスして閲覧するような事がなかったので、サイト自体の使い方も全く分かっておりません(笑)
しかしiPhotoやApertureにも標準でFlickrへのアップロード機能が付いているくらいですから、写真を扱う人たちにとっては定番のサービスなんでしょうね。


ただ、Flickrは今日現在では日本語に公式対応していないため全て英語となり、英語が苦手な方には少々敷居が高く感じられるかもしれません。日本人の利用者も多いでしょうし、今後公式に日本語対応されるといいなと思います。


人物や動物、そして自然がさまざまな表情を見せるのに対して、静物はそれだけでは表情を見せる事はありません。
ただ写真を撮っていると、時に表情が見える瞬間があって、そうした瞬間に出会えた時はとても楽しいものです。
技術は全然未熟ですが、そうした写真をこれからも撮り続けていければいいな、と思います。


当Blog共々、これからも宜しくお願い致します。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m
スポンサーサイト

Appの数が違う?!

2011年05月14日 21:40

今日現在、551本のAppが私のiTunesに登録されています。知らない間にこんなに増えていましたが、きっとヘビーユーザーの方ならこの何倍ものAppをお持ちなんでしょうね。


file_trash

最近MacBook ProのHDDや外付けHDDの中身など、何かと整理整頓をしては不要なファイルを削除している私としては、このAppでどれくらいの容量を使用しているかが気になりました。


音楽ファイルやムービー、ブックならiTunes上でも簡単に総合計のファイルサイズが確認できます。しかしAppに関しては総本数しか見ることはできません。なので、直接保存されているフォルダを覗くことにしました。


するとちょっとした発見をしてしまいました。
iTunes上で表示されているAppの総本数と、保存フォルダの中にあるAppの数が違っているのです。


App_count_iTunes_before
iTunes上の表示

App_count
”Mobile Applications”フォルダ内の数

何かしらの余分なAppが保存フォルダ内に存在していることは間違いありません。そこでそのファイルを特定してみます。
ただ、さすがに目視では556本のファイル名を確認する事は大変です。
なのでとりあえずターミナル.appを使ってリストを作りました。


方法は色々あると思いますが、私は簡単に下記の方法で作りました。




・iTunesの環境設定にある”詳細”タブを確認し、iTunes Mediaフォルダへ移動
・ターミナルを起動
・「ls△」と入力(※△は半角スペース)
・iTunes Mediaフォルダ内の”Mobile Applications”フォルダをターミナルのウィンドウにドラッグ&ドロップ
・”Enter”キーを押下
・表示された結果をテキストエディットなどにコピー&ペースト




これでMobile Applicationsフォルダ内にあるApp一覧リストが出来ました。


次にiTunesに登録されているAppのリストを作成します。
これもいい方法が思い浮かばなかったんですが、とりあえず私は下記の方法で作成しました。




・デスクトップに空の新規フォルダを作成
・iTunes画面上のAppを全選択して先ほどの新規フォルダにドラッグ&ドロップ
・ターミナルを起動
・「ls△」と入力(※△は半角スペース)
・新規フォルダをターミナルのウィンドウにドラッグ&ドロップ
・”Enter”キーを押下
・表示された結果をテキストエディットなどにコピー&ペースト
(※Appの入った新規フォルダは忘れず削除しておきます。)




これでiTunes画面上のAppの一覧リストが出来ました。


さて、この2つのリストのどこが違うか、差分を取得します。




ターミナルの画面に、
・「diff△」と入力(※△は半角スペース)
・作成したリストファイルをひとつずつターミナルのウィンドウにドラッグ&ドロップ
・”Enter”キーを押下
・表示された結果をテキストエディットなどにコピー&ペースト
・「exit」と入力し、ターミナルを終了




さて、表示された結果を見てみると、5つのAppのファイル名が分かりました。”.ipa”と記載のあるものがAppです。
そしてこのファイルが、iTunes MediaフォルダにあるのにiTunesには登録されていないものです。
5つのうち、1つは本来iTunesに登録されていないといけないApp、残りの4つは過去のバージョンがアップデートの際に新バージョンへ置き換えられずにそのまま残っていたものでした。
登録が必要なAppはファイルをダブルクリックし、改めてiTunesに登録しておきました。残りの4つについてはゴミ箱行き決定です。


これでようやく整合性が取れ、結果、ファイルサイズにして25MB程度空きました。容量はさておき、ゴミファイルが無くなったという精神的な満足感が大きい作業でした。
しかしどうしてこのような事になっちゃったんでしょうね・・・


ちなみに本来知りたかったAppの合計サイズ、私の場合13.19GBでした。意外に使っているものなんですね^^


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

私がAperture 3を選んだ理由

2011年05月11日 20:13

当Blogでも度々書いていますが、趣味として愛機Canon EOS 7Dをお供に写真を撮ったりしています。


18_200mm_with_photos

カメラに興味を持ち出すと、ここぞというシチュエーションではやはりRAW画像で撮影したくなります。
私の場合、それは子供の幼稚園でのイベントだったりします。せっかくの晴れ舞台ですから、少しでも綺麗に撮ってあげたいんですよね。
そうするとどうしても必要になるのがRAW現像ソフトです。


多くのカメラにはカメラメーカー純正のRAW現像ソフトが付属しています。私もカメラ付属のCanon Digital Photo Professional(以下、DPP)を使用してきました。
そんな私ですが、そのDPPから乗り換えて、今ではAppleのAperture 3を使用しています。


Aperture_3_icon

Aperture 3はMac App Storeで購入しました。手元に置いておきたいのでパッケージ版も魅力的ではあるのですが、結局値段の魅力にやられてしまいました。19,800円が9,000円ですもんね。その差は大きいです(笑)


さて、「RAW画像を現像する」という意味ではDPPや他のRAW現像ソフトも十分な機能を持っています。
DPPも勿論必要にして十分なのですが、なぜだか写真と向き合っていても正直どこか作業をこなしている感があるのです。言い換えれば仕事をしている感覚に近いでしょうか。
家族は出来上がった写真が綺麗に撮れていればそれで言う事ないのですが、撮る側としては仕上げる過程も楽しみたいですもんね^^


そこでApertureを、と使い始めてしばらく経ちますが、Aperture 3を起動して写真をRAW現像しているとホント時間を忘れてしまいます。
UIがキレイだし自分好みなせいか、100枚以上の写真の現像に取りかかっては気付けば5~6時間が経ってた、なんてことはザラにあります。
フルスクリーン表示させて写真と向かい合っているのは、私にとって至福の時間だったりするんですよね。
ルーペで等倍表示させては「ピントがぁ…」なんて、本来の写真の楽しみ方とはちょっとズレた楽しみ方なんかもついついやっちゃったりしてます。


しかし使っていて楽しいとはいえ、全てが直感的に操作出来るわけではありませんでした。
使用する上で、今の所ネックとなっているのはAperture内での特殊な用語。例えばマニュアルを見ても「ボールト」とかよく分かりません(笑)
ようやく「マスター」と「バージョン」の概念がちょっとだけ分かりかけてきたくらいですので、使いこなせるにはまだまだかかりそうです。


それでも先に書いたようにAperture 3を使ってMacと向き合うのは、私にとってはやっぱり楽しい時間には変わりありません。
ただ、楽しいだけに欲が出てきて「大きな画面だったらなぁ~」とか「もっとメモリを載せたくなってきた」なんて思う事がしばしば。


実際使用していると、CPUの使用率は画像を読み込む際に瞬間190%ほどまで上がります。ただ処理が落ち着くと10%弱ほどに収まるので、読み込みやプレビューこそ多少待たされる感じはありますが、作業をしていて不都合を感じるほど遅いものではありません。
また、何も処理をしていなくても1GB前後のメモリを掴んじゃいます。まぁ、このあたりはお財布と要相談ですね(笑)
一応私のMacBook Pro(2.53GHz Core 2 Duo、4GBメモリ)ではそんなにモッサリせずに使えていますが、念のためAperture 3を使う時には出来るだけ他のアプリは終了させて使うように心掛けています。


こうして私が試行錯誤しながら仕上げた写真、決して上手な写真とはいえません。
それでも子供が将来大きくなってその写真を見た時に、その顔が笑顔で溢れていたらいいなぁ、なんて思います。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m
Profile

ELMO-Jr.

Author : ELMO-Jr.
iMac G3(Rev.D)からのAppleファンです。
iMac G3 → 初代iMac G5 → MBP(Mid 2009)と使用してきました。
Apple製品以外にもカメラ、音楽、家電製品、インテリアなど、気になったものにふと思った事なんかを書いていきたいなと思います。
よろしくお願いします。

当Blogはリンクフリーです。
また、相互リンクも大歓迎です。
ご連絡頂けましたら、こちらからもリンクさせて頂きます。

Contact me
applecapsule2009あっとまぁくyahoo.co.jp
New Entries
Categories
Blog内検索
All Entries

過去の記事一覧

Monthly Archives
Recent Comments
Web Badges
Made On A Mac
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Privacy Policy
「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。
個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。
Access Count

Administrator Only
My Photos

ELMO-Jr.'s photostream


管理人の撮影した写真をFlickrで公開しています

Favorite Links
Recommend Items
クワイアットコンフォート15 Bose MIE2 mobile headset Bose Bluetooth headset
BlogPeopleに参加中
Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople
KODAWARISAN

KODAWARISAN


マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。