スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

Snow LeopardにiTunes 10.4をインストール!

2011年07月22日 22:42

Macユーザーの間ではLionの話題で大盛り上がりの中、先日リリースされたiTunes 10.4をSnow Leopardへインストールしました。


Music_History

iTunes 10.4での変更点は下記のとおりです。




iTunes 10.4 の新機能
iTunes 10.4 が OS X Lion 向けに改良されました。
iTunes が OS X Lion の新しいフルスクリーンアプリケーション機能に対応しました。この機能を使うと、iTunes などのアプリケーションを画面いっぱいに広げて使うことができます。ほかのフルスクリーンアプリケーションへは、ジェスチャを使って簡単に切り替えることができます。 

注意:iTunes は OS X Lion の 64-bit Cocoa アプリケーションになり、いくつかの重要な安定性およびパフォーマンスが向上しています。一部の iTunes プラグインがこのバージョンの iTunes で機能しなくなる場合があります。iTunes 10.4 に対応したプラグインのアップデートについては、プラグイン開発者にお問い合わせください。




上記の通り、この10.4は新OSであるLion向けに最適化されたもののようです。また、ようやくiTunesも64-bit化されました。


インストール後にアクセス権の検証を行うと1件のエラーが出ていたので修復しておきます。


“System/Library/Extensions/AppleUSBEthernetHost.kext
 /Contents/MacOS/AppleUSBEthernetHost”上のアクセス権が一致しません。本来 -rw-r--r-- であるはずですが、実際には -rwxr-xr-x になっています。
(※実際には1行で出力されています)


また今回の10.3.1から10.4へのバージョンアップでは多数の変更点が見て取れます。
以下は私が確認した変更点です。




・3色のウィンドウボタンが縦から横に戻った
・ボリュームのデザイン変更
・Cover Flow画面の拡大ボタンの矢印の向きが反対になった



iTunes_10_3_1_zoom  iTunes_10_4_zoom

(以下、環境設定内)
・環境設定のメニューが一回り小さくなった
・環境設定上段のメニュー背景が変更
・下記項目が「Store」から「一般」に移動
 ”持っていないアルバムアートワークを自動的にダウンロード”
・「再生」から下記項目がなくなった
 ”ムービーとテレビ番組を再生”
 ”ミュージックビデオを再生”
・「デバイス」内で下記文言が変更
 ”iTunesのコントロール → iTunesのオーディオコントロール”
・詳細メニューから下記項目がなくなった
 ”フルスクリーンビジュアライザを表示する”
・全体的にフォントの間隔が少し広くなった


(以下、メニューバー内)
・「ファイル」の「ライブラリ」サブメニュー内に下記項目が追加
 ”ディスクへバックアップ”
・「編集」の”特殊文字”にショートカットが割当られた
・「表示」内の下記文言が一部変更
 ”ビデオのサイズ → ビデオ再生”
 ”フルスクリーン → フルスクリーンにする”
・「表示」の「ビジュアライザ」サブメニュー内に下記項目が追加
 ”ビデオを再生”
・「ウインドウ」内の下記文言が変更
 ”拡大/縮小 → ズーム”
・「ヘルプ」から検索窓が削除




それ以外にも変更点があるかもしれませんが、とりあえず確認出来たのは以上です。


その際に、バグをひとつ発見しました。
メニューバーの「表示」内の「リスト」と「アルバムリスト」のショートカットがダブっています。
そのため、アルバムリストのショートカットが機能しません。


iTunes_10_4_bug

ただしショートカットを使わなければ問題なく表示を切り替えられます。次のバージョンではちゃんと修正されるでしょうかね。


実際に使ってみて一番先に試したのは、毎度の事ながら曲情報の表示の遅さがどうなったか、です。


早速試したところ・・・なんと改善されているではないですか!!


昔使っていた頃のようにサクサクと次へ次へと表示していってくれます。こんな当たり前の動作なのですが、なんでこんなに嬉しいんでしょうか(笑)
この日が来るのがどれだけ待ち遠しかったか・・・。これでiTunesでの作業も捗ります。


それ以外には体感として起動が若干遅くなった気がします。
これまでのバージョンでは一度起動した後なら、いったんiTunesを終了させても次に起動する際には1~2バウンド程で立ち上がっていました。
しかし10.4では2回目の起動時でもなかなか起動しない事も多く、その時にアクティビティモニターで確認すると「反応なし」になっていました。たまたま、なのかも知れませんし、もう少し様子を見ていきたいと思います。
ちなみに、実メモリの使用量が下がった代わりにCPUの使用率が上がったようです。
私の環境で確認時、実メモリの使用量は(95.9MB→74.5MB)、CPUの使用率は(9.4%→15.8%)となっていました。


また、64-bit Cocoa アプリケーションになったので期待したのですが、どうもSnow Leopardでは64-bitでは動かないようです。


iTunes_10_4_32bit

例えばAperture 3などはソフトの情報を確認すると「32ビットモードで開く」といったチェックボックスがあるのですが、iTunesには見当たりません。システムプロファイラ上では確かに「64ビット(Intel):はい」となっているのですが、アクティビティモニター上ではその表記はありません。これはシステムを64-bitモードで起動してみても同じでした。
何か方法があるのか、それともやはりLionでのみ64-bitで動作し、Snow Leopardでは32-bitでの動作のみとなるのでしょうか。


私の環境ではたとえ64-bitで動作したとしてもそんなに恩恵は得られないかもしれません。しかし他のアプリがどんどん64-bit化していく中、Macの要とも言えるiTunesくらいはせめてSnow Leopardでも64-bit化されるといいな、と思います。


最後に、デフォルトでログイン項目に登録される”iTunesHelper.app”にも変更があったために動作しなくなりました。
このappは正常に動作していると、iPhone/iPodを繋げれば自動でiTunesが起動して同期が始まります。
私はこの一連の動作は初代iPodのCMを思い起こすんです。
少々大げさかもしれませんが、このスマートな動作はAppleの起こした革命のように思え、唯一ログイン項目から外さない、というか外したくないAppでもあります。
それが今回のアップデート後に動作しなくなり、iPhoneをMacBook Proに接続してもiTunesが起動しなくなったのです。


調べてみると理由はすぐに判明しました。
iTunesHelper.appの場所が変更されていたのです。
その場所は下記のようになっていました。


(~10.3.1)
iTunes.app / Contents / Resources / iTunesHelper.app
(10.4)
iTunes.app / Contents / MacOS / iTunesHelper.app


以前のように使うには、再度ログイン項目に登録し直しておく必要がありますね。


言う事なし!というまでにはいかないけど、それでも長い間不便だった不具合が解消されて、私的には大満足^^
これからもiTunesで楽しい音楽ライフを送っていきたいと思います。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m
スポンサーサイト

10.6.8ではSafariのみの再インストールができなくなっていた

2011年07月17日 16:05

普段Webブラウジングするにあたって、私は基本ブラウザの設定よりCookieを受け入れないようにしています。
思えば10数年前に初めてインターネットを体験した時からの癖、というか暗黙の了解、というか自分の中での決まり事のような物になっています。


Mac_in_the_room.jpg

もちろんCookieをOFFにすると会員登録しているサイトへはログイン出来なくなってしまいます。
なのでその都度設定からOFF/ONを切り替える必要があり、かなり面倒臭く使い勝手が悪くなってしまいます。
普通の人にはとてもお勧め出来る便利設定という訳にはいきません。


それでも私の意図しない所で某かの情報がやりとりされるのが気持ち悪く、未だに基本”受け取らない”設定で使う事にしています。
「今時何言ってるんだ?めんどくせー!」と言われそうですね(笑)
(※ちなみにSafariでは”受け取らない”設定にしていても、AppleとGoogleのCookieだけはバンバン受け取っちゃいます。ここがSafariの嫌なところ。昔は完全にOFFにできたんですけどね・・・)


そんな私はSafariでブラウジングしていますが、ここ最近Cookieを山のように溜め込んでいる事を発見してしまいました。
先に書いたようにCookieは普段から”受け取らない”にしているのに関わらず、です。
おかげで設定では受け入れない設定にしていても、会員登録しているサイトへどんどんログイン出来てしまいます。


これでは困る私はまずSafariに関する基本的なトラブルシューティングを試してみました。
しかしSafariをリセットしても設定ファイルを捨ててみても現象は変わりません。


そこでAppleのサイトからSafari 5.0.5をダウンロードしてインストールし直す事にしてみました。


まずアプリケーションフォルダからSafariをゴミ箱に捨てて、ダウンロードしたdmgファイルを実行します。
すると、下記の画面が出てインストールできない事に気付きました。


Safari_inst_err

Mac OS X 10.6.8にはSafariの最新版はインストールできなかったんですね。
10.6.8はLion対応のアップデートだった反面、こんな状況になっていたとは思いもしませんでした。


こうなったらSafariを入れ直すにはMac OS X 10.6.8の統合アップデートを当てなおすしか方法がありません。
しかし次期OSのLionももうそこまで近づいてきているこの状況でOSを当て直す気持ちになれなかった私は、素直にゴミ箱から捨てたSafariをそっと元に戻しておきました。


別のブラウザを使えば済む話なのですが、不具合に遭遇してしまうとやはり解決策が気になります。
そこでちょっと調べてみたら、直ぐに同様の不具合で困っているという記事を見つける事ができました。


それを読むとやはりバグのようで、修正されない限りCookieを受け入れないように使うには”プライベートブラウズ”で対応するしかなさそうです。
そういえばありましたね、そんな機能・・・。
”ひと手間”が邪魔くさくて使ってませんでしたが、これからしばらくはブラウザ起動後にひと手間をかけてブラウジングすることになりそうです。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m
Profile

ELMO-Jr.

Author : ELMO-Jr.
iMac G3(Rev.D)からのAppleファンです。
iMac G3 → 初代iMac G5 → MBP(Mid 2009)と使用してきました。
Apple製品以外にもカメラ、音楽、家電製品、インテリアなど、気になったものにふと思った事なんかを書いていきたいなと思います。
よろしくお願いします。

当Blogはリンクフリーです。
また、相互リンクも大歓迎です。
ご連絡頂けましたら、こちらからもリンクさせて頂きます。

Contact me
applecapsule2009あっとまぁくyahoo.co.jp
New Entries
Categories
Blog内検索
All Entries

過去の記事一覧

Monthly Archives
Recent Comments
Web Badges
Made On A Mac
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Privacy Policy
「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。
個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。
Access Count

Administrator Only
My Photos

ELMO-Jr.'s photostream


管理人の撮影した写真をFlickrで公開しています

Favorite Links
Recommend Items
クワイアットコンフォート15 Bose MIE2 mobile headset Bose Bluetooth headset
BlogPeopleに参加中
Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople
KODAWARISAN

KODAWARISAN


マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。