スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

手強かった画面共有

2012年09月26日 21:02

<メールを送る>


珍しく妻の父から電話がかかってきました。


Calling.jpg

メールを送るとき、宛先にアドレス帳へ登録した人を選ぶのはどうすればいいか?というものでした。
ちなみに父はMacBook Pro Late 2011 13inch(OSはLion)を使用しています。


それならばアドレスブック.appを起動してもらい、送りたい人を選んでメールを作成すればいい、と伝えましたが、よく考えるとたかだかメールを送信するために2つのソフトが起動してしまうのもナンセンスです。
それよりも、コンピュータの操作自体が分からない人にとって複数のソフトが動いているというのは余計に分かりづらかったでしょう。教え方が不親切だったと思いました。


なので、それは一旦忘れてもらい、次の方法を覚えてもらうことにしました。


 1.Mail.appのメニューから「ウィンドウ」>「アドレスパネル」を選んで画面に表示
 2.送りたい人を選ぶ
 3.その人を「宛先:」「Cc:」「Bcc:」のどれにしたいかを選ぶ


これならメールを送るのにMail.appだけを起動すればいいです。
きっとこっちの方が分かりやすいはず。


本当なら宛先欄やCc欄へ直接アドレス帳に登録した名前を入力すればいいだけの話なのですが、父からの要望がアドレス帳から選びたい、との事なので上記の方法を選んでみました。これからはこれで少しは活用出来るかな。


それで一旦電話を切り、無事メールも送れただろうと思った矢先、再度電話が鳴りました。


内容を聞いてみると、メールを送ったら迷惑メール扱いされて戻ってきた、といいます。
宛先は何度も確認したから間違ってないはず、との事。


会社のPCからはこんな事はないらしいんです。
ちなみに送った父のアドレスは@me.comからです。


本当に迷惑メールと判断されたのか、送り返されてきたというメールの内容を確認しないと分かりませんが、電話で色々とヒアリングしていてもなかなかお互いの意思が伝わりません。


それなら画面共有をして確認してあげるのが手っ取り早そうです。


<画面共有を思いつくが>


ただ私自身画面共有を利用したことがないため、電話口で待ってもらっている間、インターネットを検索して画面共有の方法を調べてみました。


しかし探しても、なかなか思うような情報が見つかりません。
”iPhone 5を購入しました!”報告ならいくらでも見つかるのですが・・・


おまけに画面共有.appの場所まで忘れてしまう始末で、探すのにも一苦労。


そうこうしている間、父もしびれを切らしたのか「もういい。会社のPCから送るようにする」と言われ、この件は終了。
聞かれた立場として、なんともみっともない姿をさらしてしまいました。


<改めて調べてみたけど>


その後、改めて画面共有について調べると、同一のLAN環境なら簡単に繋がりそうです。
流れとしては以下のような感じでしょうか。


 1.相手側のMacで「システム環境設定」>「共有」>「画面共有」にチェックを入れる
 2.相手に「システム環境設定」>「ネットワーク」>「Wi-Fi」の項目よりIPアドレスを確認してもらう
 3.こちらのMacで「システム」>「ライブラリ」>「CoreServices」>「画面共有.app」を起動
 4.こちらのMacの画面共有.appから確認してもらったIPアドレスに接続


ただし別々のLAN環境だと、2で調べられるIPアドレスがプライベートIPなので意味がありません。
グローバルIPアドレスを調べてもらうのも父には敷居が高すぎます。個人的にもグローバルIPを表示するサイトはあまり利用したくないのです。


それに私自身がアクセスを許可する設定についてイマイチ分かっていないため、現状ではトライ&エラーを繰り返しながら繋がる方法を探らなければいけません。
ネットワークが違うとスンナリと設定完了、とはいかず今回は撃沈です。


しかし画面共有.app以外に別の方法もあります。
「どこでもMy Mac」を使用すると、LAN環境が違っても画面共有が出来ます。
ただし、名前の通り自分のMacに接続するという思想のようで、利用するには私か父かどちらかのApple IDでiCloudにログインする必要があり、今回のような状況での利用には無理がありました。


いつのバージョンからか、Macは画面共有も簡単になった、という記事を見かけたようなうろ覚えの記憶が頭の片隅にあるんですが、なかなか私には手強い画面の共有でした。


結局は初心者にはSkypeの画面共有が一番手っ取り早くて簡単な気がします。
ただしその為にSkypeのアカウントを取得してもらい、ソフトをインストールする必要はありますが。
決して難しいわけじゃないけれど、それはそれで父には敷居が高そうだなぁ。


と、ここまで書いておいて今気づいたことが・・・
iChatでも画面共有が出来るんですね。完全にiChatの存在を忘れていました(笑)
いかに私がMacを使いこなしていないかがバレてしまいますね^^
iChatならApple IDでもログイン出来ますし、簡単そうです。今度試してみようかなと思います。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m
スポンサーサイト
Profile

ELMO-Jr.

Author : ELMO-Jr.
iMac G3(Rev.D)からのAppleファンです。
iMac G3 → 初代iMac G5 → MBP(Mid 2009)と使用してきました。
Apple製品以外にもカメラ、音楽、家電製品、インテリアなど、気になったものにふと思った事なんかを書いていきたいなと思います。
よろしくお願いします。

当Blogはリンクフリーです。
また、相互リンクも大歓迎です。
ご連絡頂けましたら、こちらからもリンクさせて頂きます。

Contact me
applecapsule2009あっとまぁくyahoo.co.jp
New Entries
Categories
Blog内検索
All Entries

過去の記事一覧

Monthly Archives
Recent Comments
Web Badges
Made On A Mac
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Privacy Policy
「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。
個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。
Access Count

Administrator Only
My Photos

ELMO-Jr.'s photostream


管理人の撮影した写真をFlickrで公開しています

Favorite Links
Recommend Items
クワイアットコンフォート15 Bose MIE2 mobile headset Bose Bluetooth headset
BlogPeopleに参加中
Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople
KODAWARISAN

KODAWARISAN


マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。