スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

遅ればせながらSnow Leopardをアップデート

2010年04月12日 08:15

リリースされしばらく経ったMac OS X 10.6.3。もうアップデートされた方も多いと思います。
iPadやiPhone OS 4.0で盛り上がっている中、私はようやく先程アップデートしました。


これまでMac OS X 10.6.2で使ってきましたが、ちょくちょく不安定な動作をしていたので、待ちに待ったOSのアップデート!しかし、WEB上ではアップデート後に不具合が発生したという記事を見かけていたので、これまで様子見をしていました。
でももう限界です^^ その代わり、今回はソフトウェア・アップデート経由ではなくコンボアップデートを当ててみました。実は私、コンボアップデートは初めてなんですよね~。


まずはアップルのサイトよりコンボアップデート用のファイルをダウンロードします。
サイトにはファイルサイズは784MBとありますが、ダウンロード後のファイルサイズは822.1MBありました。
ソフトウエア・アップデート経由では435.2MBですので、それと比べると400MB近く大きいですね。
光回線なのでダウンロード時間は2分半ほどで完了。いつもながらアップルのサイトからのダウンロードは早くて快適です^^
そしてアップデート前にはお決まりのアクセス権の検証&修復。今回は念のためディスクの検証もしておきました。
それが終わるとようやくダウンロードしたファイルを実行してアップデート開始です。


管理者パスワードとインストール先を聞かれますので、適宜入力&選択をしていきます。


10_6_3_install

処理が走り出すとアップデートが終わるまで自動です。私の環境では終了までに6分40秒かかりました。
処理が終了すると再起動を促すダイアログが表示されるので、再起動。
この時の終了処理と起動処理はいつもより多少時間がかかりますが、特に問題はありません。
コンボアップデートだからといって特別な事は何も必要ないんですね。アプリのデータもちゃんと引き継がれるし。
コンボの方がアップデート後の不具合が少ないので、これからはOSはコンボアップデートが私の中のデフォルトになりそうです。


起動した後は再度アクセス権の検証&修復をしておきます。そうしたら見慣れたメッセージが。




「“usr/share/derby”上のアクセス権が一致しません。本来 drwxr-xr-x であるはずですが、実際には lrwxr-xr-x になっています。」


これは10.6.2のアップデートの際、Javaのアップデートで出るようになったメッセージですが、残念ながら10.6.3へアップデートしても消えてはくれませんでした。
元々動作には影響の無いメッセージなので出ても構わないのですが、個人的な希望としては、問題ないメッセージなら消して欲しいものです・・・


さて、一番不安だったアップデート後の不具合ですが、今のところ私のMacBook Proでは変わったところは見られず、ご機嫌に動いてくれています。
今回の10.6.3では「Mac OS X v10.6.3 アップデートについて」を見ると結構な数のバグフィックスがあったようですが、私がその効果を実感したものはありません。そんなにコアな使い方をしていないライトユーザーですから、いつまでも気付かないままなんでしょうね(笑)
とりあえずはホッと一安心、といきたいところですが、これから時間をかけて使っていくうちに何かしら不具合に出くわす事があるかも知れませんので、しばらくは注意深く見ていこうと思います。


先月はアップデートラッシュだったため、私にはまだまだiTunes9.1やAirMac ベースステーション 5.5.1、そしてiPhoto 8.1.2などが残っています。
なかでもヤバそうなのはiTunes 9.1ですね。こちらも不具合報告をよく見かけますので^^
とは言いながら、アップデートは楽しみな作業。時間が出来たら順次アップデートしていこうと思います!


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

どうもです~。

僕も10.6.2の時は、文字入力は出来なくなったりして再起動してアクセス権の修復をしてって感じでしたので、10.6.3では問題ないかと思って喜んでいたのですが、昨日また文字入力が出来なくなってしまって…( *´Д⊂ グスン…

何がいけないのか、よく分かりませんが…

因に、僕は上記のエラーメッセージとともに10.6.2の時から、SUIDファイルのARDAgentが変更されていて修復出来ない状態が続いています。これが問題なのカモと思っていますが、直し方が分かりませんです…

ではまた~

harryJ4uさんへ

コメントありがとうございまーす!

>SUIDファイルのARDAgentが変更されていて修復出来ない
ちょっと調べてみたらこのファイル、Remote Desktop Agentのファイルっぽいですね。
ちなみにこのメッセージは私のところで出ているメッセージと同じく無視していいメッセージのようです。(多分同じメッセージだと思いますが、違っていたらスミマセン。)
「Mac OS X: Disk Utility's Repair Disk Permissions messages that you can safely ignore」
http://support.apple.com/kb/TS1448?viewlocale=en_US
※上から9つ目のメッセージです。(英語ですが・・・)

なので、文字入力が出来なくなるのは別に原因があるかも知れませんね。

しかしこの無視していいメッセージ、表示されないようにしてほしいものです。精神衛生上良くないです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ELMO-Jr.

Author : ELMO-Jr.
iMac G3(Rev.D)からのAppleファンです。
iMac G3 → 初代iMac G5 → MBP(Mid 2009)と使用してきました。
Apple製品以外にもカメラ、音楽、家電製品、インテリアなど、気になったものにふと思った事なんかを書いていきたいなと思います。
よろしくお願いします。

当Blogはリンクフリーです。
また、相互リンクも大歓迎です。
ご連絡頂けましたら、こちらからもリンクさせて頂きます。

Contact me
applecapsule2009あっとまぁくyahoo.co.jp
New Entries
Categories
Blog内検索
All Entries

過去の記事一覧

Monthly Archives
Recent Comments
Web Badges
Made On A Mac
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Privacy Policy
「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。
個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。
Access Count

Administrator Only
My Photos

ELMO-Jr.'s photostream


管理人の撮影した写真をFlickrで公開しています

Favorite Links
Recommend Items
クワイアットコンフォート15 Bose MIE2 mobile headset Bose Bluetooth headset
BlogPeopleに参加中
Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople
KODAWARISAN

KODAWARISAN


マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。