スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

やって良かった、ディスクの検証

2010年10月05日 00:50

Macユーザーにはおなじみのソフト、ディスクユーティリティ。
Mac OS Xに標準でインストールされているユーティリティソフトです。私も普段から割とよく使っているソフトのひとつです。


Disk_Utility_icon

いつもはアクセス権の検証&修復でお世話になっているのですが、何気に画面を眺めていたら『ディスクを検証』というボタンがあることに気がつきました。
いや、正確に言うと、ボタンがあるのは知っていましたが、初めて意識した瞬間でした。


その時はたまたま時間に余裕があったので、軽い気持ちでその「ディスクを検証」ボタンを押してみました。
すると下記のようなエラーが出てしまったのです。


ボリューム“Macintosh HD”を検証中
ライブ検証を実行中です。
ジャーナリングが有効な HFS+ ボリュームを確認中です。
エクステントオーバーフロー・ファイルを確認中です。
カタログファイルを確認中です。
スレッドレコードが見つかりません(id = *******)
スレッドレコードの数が正しくありません

マルチリンクファイルを確認中です。
カタログ階層を確認中です。
ボリュームのディレクトリカウントが正しくありません
(正しい値 ******、不正な値(現状)******)
拡張属性ファイルを確認中です。
ボリュームビットマップを確認中です。
ボリューム情報を確認中です。
ボリューム“Macintosh HD”が壊れています。修復する必要があります。
エラー:このディスクは修復する必要があります。別のディスク(Mac OS X インストールディスクなど)を使用してコンピュータを起動し、ディスクユーティリティを使用してこのディスクを修復してください。

※一応念のため、idとカウント値は伏せさせて頂きました。


なんと、私のHDDが問題を抱えていたなんて・・・。いわゆる「まさかうちの子が!」状態です^^
壊れた原因やタイミングは分かりませんが、とにかくディスクを修復するしかなさそうです。


起動ディスクが壊れているので、別のボリュームから起動して修復しないといけません。
というわけで・・・
本体付属のMac OS X インストール用 DVDから起動し、ディスク上のディスクユーティリティを起動します。


Inst_Disk

そして先程はグレーアウトしていて選択できなかった「ディスクを修復」ボタンを選択します。
数分かけて終了すると無事修復されたようです。


ボリューム“Macintosh HD”を検証中
ライブ検証を実行中です。
ジャーナリングが有効な HFS+ ボリュームを確認中です。
エクステントオーバーフロー・ファイルを確認中です。
カタログファイルを確認中です。
マルチリンクファイルを確認中です。
カタログ階層を確認中です。
拡張属性ファイルを確認中です。
ボリュームビットマップを確認中です。
ボリューム情報を確認中です。
ボリューム“Macintosh HD”は問題ないようです。


これまでアクセス権の検証はソフトのアップデート前後にやっていたものの、ディスクの検証については異音もしていなかったということもあり、全くのノーマークでした。幸い大きな問題が起こる前に気付いて良かったです。
これからはたまにはチェックしようと思います。壊れてからじゃ遅いですからね~。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

ありがとうございました

ディスクユーティリティの機能として、自動でチェックして、問題がある時は報告すればいいのにって思います。さすがに自動修復は無理だろうな。
でもジャーナリングしているのに、これはどのように薬効があるのだろうか?

しかし、注意喚起、ありがとうございます。
もしやと思い、家のMacをすべてチェックしてみたところ、私の使っているiMacが正に同じ状態に。大慌てで、起動ディスクを探して修復しました。

ホホホ

Re: ありがとうございました

唯さん、訪問&コメントをありがとうございます!
私の拙い記事が少しでも唯さんのお役に立てたのならとても嬉しいです(^-^)
文面からするとご自宅には数台のMacをお持ちのようですね。羨ましい限りです!

私なんかは無精者なので、確かにディスクユーティリティに自動でチェックする機能があれば重宝しそうですね(笑)
大事なデータが不意に無くなることを考えると、多少のパフォーマンスの低下なら我慢してでも使っちゃうかも知れません。
それから私も詳しくは語れないのですが、ジャーナリングは縁の下の力持ち的な機能で、きっと万が一の時には役に立つんでしょうね。ただ、私のMBPはサーバー用途で使っていないので、普段のバックアップさえちゃんとしておけば、OSがおかしくなった時はOSからクリーンインストールしてデータだけ戻した方が気持ちがスッキリしていいかも、なんて思ってしまいます^^
まぁTime Machineから戻さないとなると復旧までかなりの手間と時間がかかちゃいますが、自分の気持ちさえ納得するのならそれもイイ・・・ですよね(笑)

既にご存知かも知れませんが、念のため、Appleの解説ページを貼っておきます。
Mac OS X- ファイルシステムのジャーナリングについて:
http://support.apple.com/kb/HT2355?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

全く同じ症状です!

はじめまして。
今回の情報、とても助かりました。

私も今月になってから急に同じ症状が発生しておりました。
最初HDが壊れたかと思い、新品に交換してみたのですがまた症状が再発しております。
最初のHDは修復不可能との診断でした(汗)

何か特定のソフトの悪さ?と思い、原因を特定しようとしておりましたが、
全く同様の症状の報告、私のMACだけではなかったのですね・・・
ちなみに機種はMacBookPro15.4in2010年式です。

当面はDiskUtilityで様子を見ようと思います。
どうも有り難うございます。

Re: 全く同じ症状です!

おばちゃんさん、訪問&コメントをありがとうございます!
私の記事が少しでもお役に立てたのならこんなに嬉しいことはありません(^-^)

HDDを交換しても同症状が出るなら、原因はOS、もしくはソフト、または基盤(ハード)のいずれかになってくると思いますが、一体何が原因なんでしょうね。
しかも修復不可能だなんて、恐ろしいですね・・・
ちなみに私の環境ではそれ以降エラーは出なくなりました。ソフトは以前と変わることなく使っていますので、私個人はOSの可能性が高いのでは、と睨んでいます。
もうすぐMac OS X 10.6.5もリリースされるはずですから、その際にはとりあえずコンボアップデートで様子を見られるのもいいかも知れませんね。
それでもダメならクリーンインストールですが、くれぐれも大事なファイルのバックアップだけは忘れずになさって下さいね!

AppleJack

はじめまして。
AppleJackを入れておけば起動ディスクなしで修復できますよ。
ググってみてください。

Re: AppleJack

通りがかりのおっさんさん、はじめまして!
訪問&コメントをありがとうございます。そして返事が遅くなり申し訳ありません。

AppleJackというメンテナンスソフトがあるんですね。情報ありがとうございます。
メンテナンスソフトも何種類かありますが、その中でもこれはかなり効果があるようですね。
OnyXでトラブったという話をこれまでに聞いた事がありちょっと抵抗があったんで、メンテする際にはこのAppleJackというソフトで一度試してみたいと思います(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ELMO-Jr.

Author : ELMO-Jr.
iMac G3(Rev.D)からのAppleファンです。
iMac G3 → 初代iMac G5 → MBP(Mid 2009)と使用してきました。
Apple製品以外にもカメラ、音楽、家電製品、インテリアなど、気になったものにふと思った事なんかを書いていきたいなと思います。
よろしくお願いします。

当Blogはリンクフリーです。
また、相互リンクも大歓迎です。
ご連絡頂けましたら、こちらからもリンクさせて頂きます。

Contact me
applecapsule2009あっとまぁくyahoo.co.jp
New Entries
Categories
Blog内検索
All Entries

過去の記事一覧

Monthly Archives
Recent Comments
Web Badges
Made On A Mac
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Privacy Policy
「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。
個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。
Access Count

Administrator Only
My Photos

ELMO-Jr.'s photostream


管理人の撮影した写真をFlickrで公開しています

Favorite Links
Recommend Items
クワイアットコンフォート15 Bose MIE2 mobile headset Bose Bluetooth headset
BlogPeopleに参加中
Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople
KODAWARISAN

KODAWARISAN


マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。