スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

私がAperture 3を選んだ理由

2011年05月11日 20:13

当Blogでも度々書いていますが、趣味として愛機Canon EOS 7Dをお供に写真を撮ったりしています。


18_200mm_with_photos

カメラに興味を持ち出すと、ここぞというシチュエーションではやはりRAW画像で撮影したくなります。
私の場合、それは子供の幼稚園でのイベントだったりします。せっかくの晴れ舞台ですから、少しでも綺麗に撮ってあげたいんですよね。
そうするとどうしても必要になるのがRAW現像ソフトです。


多くのカメラにはカメラメーカー純正のRAW現像ソフトが付属しています。私もカメラ付属のCanon Digital Photo Professional(以下、DPP)を使用してきました。
そんな私ですが、そのDPPから乗り換えて、今ではAppleのAperture 3を使用しています。


Aperture_3_icon

Aperture 3はMac App Storeで購入しました。手元に置いておきたいのでパッケージ版も魅力的ではあるのですが、結局値段の魅力にやられてしまいました。19,800円が9,000円ですもんね。その差は大きいです(笑)


さて、「RAW画像を現像する」という意味ではDPPや他のRAW現像ソフトも十分な機能を持っています。
DPPも勿論必要にして十分なのですが、なぜだか写真と向き合っていても正直どこか作業をこなしている感があるのです。言い換えれば仕事をしている感覚に近いでしょうか。
家族は出来上がった写真が綺麗に撮れていればそれで言う事ないのですが、撮る側としては仕上げる過程も楽しみたいですもんね^^


そこでApertureを、と使い始めてしばらく経ちますが、Aperture 3を起動して写真をRAW現像しているとホント時間を忘れてしまいます。
UIがキレイだし自分好みなせいか、100枚以上の写真の現像に取りかかっては気付けば5~6時間が経ってた、なんてことはザラにあります。
フルスクリーン表示させて写真と向かい合っているのは、私にとって至福の時間だったりするんですよね。
ルーペで等倍表示させては「ピントがぁ…」なんて、本来の写真の楽しみ方とはちょっとズレた楽しみ方なんかもついついやっちゃったりしてます。


しかし使っていて楽しいとはいえ、全てが直感的に操作出来るわけではありませんでした。
使用する上で、今の所ネックとなっているのはAperture内での特殊な用語。例えばマニュアルを見ても「ボールト」とかよく分かりません(笑)
ようやく「マスター」と「バージョン」の概念がちょっとだけ分かりかけてきたくらいですので、使いこなせるにはまだまだかかりそうです。


それでも先に書いたようにAperture 3を使ってMacと向き合うのは、私にとってはやっぱり楽しい時間には変わりありません。
ただ、楽しいだけに欲が出てきて「大きな画面だったらなぁ~」とか「もっとメモリを載せたくなってきた」なんて思う事がしばしば。


実際使用していると、CPUの使用率は画像を読み込む際に瞬間190%ほどまで上がります。ただ処理が落ち着くと10%弱ほどに収まるので、読み込みやプレビューこそ多少待たされる感じはありますが、作業をしていて不都合を感じるほど遅いものではありません。
また、何も処理をしていなくても1GB前後のメモリを掴んじゃいます。まぁ、このあたりはお財布と要相談ですね(笑)
一応私のMacBook Pro(2.53GHz Core 2 Duo、4GBメモリ)ではそんなにモッサリせずに使えていますが、念のためAperture 3を使う時には出来るだけ他のアプリは終了させて使うように心掛けています。


こうして私が試行錯誤しながら仕上げた写真、決して上手な写真とはいえません。
それでも子供が将来大きくなってその写真を見た時に、その顔が笑顔で溢れていたらいいなぁ、なんて思います。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

ELMO-Jr. さん、こんばんは!

いつの間にか Aperture 3 を導入されていたのですね♪
Twitterなどから、何となく様子は伺っていましたが、この記事をエントリーするまで、じっくり使いこなしていたのでしょうか。エルモさんの人柄が垣間見れますよね。(笑

ブログに掲載されている、エルモさんの写真の一枚一枚からは、Macに対する愛情が、本当に溢れていて、心がいやされます。本当に素晴らしい写真を、いつもありがとうございます。(Flickrなどにまとめて公開してくれればいいのに!

その愛情で、お子さんの晴れ姿を撮影なさっているのでしょうね。
きっと、お子さんも大きくなってからパパに感謝する事でしょう♪
(余談ですが、僕の娘もいつしか成長してしまい、レンズを向けると顔を背けてしまうようになってしまいましたw

これからも「エルモさんならではの語り口で」Aperture 3 の感想などを、聞かせていただけると本当に嬉しいです。

ミナ☆アツさんへ

ミナ☆アツさん、訪問&コメントをありがとうございます!

とうとうAperture 3を使うようになりました(^-^)
未だになかなか思うように使いこなせずにいますが、それでも楽しく使っています♪

写真も褒めて頂きありがとうございます!なかなか思うような写真が撮れず、Blog用の写真撮影に1時間なんていうのもしょっちゅうです(笑)すごく効率悪いですねf(^_^;)
そんな写真でもお褒めの言葉を頂けるなんて、本当にすごく嬉しいです!

子供の写真は動かないMacに比べもっと手強いですが、一瞬一瞬を残してあげれたらなぁ、なんて写真を撮っています。とは言いながら、ほとんどはカメラとレンズ頼みなんですけどね(笑)
ウチもミナ☆アツさんのお子さんのようにいつかは背を向けてしまうようになっちゃうんでしょうね。
自分を振り返ってみても、そういう時期がありましたし仕方のない事だとは思いますが、親としてはやはり少し寂しいものがありますね。大人になった時に喜んでくれればいいのですが・・・

使いこなせていない分、他のBlogさんのように参考になるようなレビューのようなものは書ききれないかもしれませんが、これからもMacを使った私なりの楽しみ方を書いていければ、と思いますので、今後とも宜しくお願い致します!

はじめまして

Apertureを使ってみたいなと思ってるカメラ好きです。
使用感を知りたくて検索していたらブログにたどり着きました。

1月にデジタルカメラを購入し、RAW現像が楽しくて「仕上げ」作業に興味を持ち始めています。

写真上手になりたいなとおもいまずはお手本を探そうと検索をしている
毎日です。谷口京さん、長野博文さん、宮本敬文さん、今城 純さん、横浪修さんなんかの雰囲気が好きです。

Apertureがあれば(仕上げ作業で)、がんばれそうなものでしょうか??

EOS KissX5/2012.1~

Re: はじめまして

satoshiさん、はじめまして。
訪問&コメントをありがとうございます。
そしてお返事が遅くなり申し訳ありません。

RAW現像、楽しいですよね!
私は基本、写真を撮る時に見た頭の中の色彩を再現しようと現像して仕上げていくのですが、色味を大胆に変えてみてアーティスティックに仕上げるのもいいですね。

私は現在Aperture 3を使っていますが、あくまでも個人的な意見ですが、使用感としてはAdobe Lightroomの方が直感的に補正していけるような気がしています。

ただ、私はApertureのUIに惚れこれまで使い続けてきましたが、そのせいかApertureでの作業も今ではそんなに苦にもならず、楽しみながら作業をしています。
他のソフト(LightroomやDPP)との仕上がりの差は私レベルでは正直分かりませんが、ネットで読む限りは若干の色味の違いはあるようですね。
なのでsatoshiさんがどの程度のクオリティを求めていらっしゃるかにも依るとは思いますが、趣味として写真を楽しむ分には必要にして十分だと思います。
(ちなみに当Blog写真およびFlickr写真はほとんどがAperture 3で処理しています)

お好きな写真家を拝見すると、透明感、空気感のある写真がお好きなんでしょうか。私もそういう写真は大好きです。

用語など最初は戸惑うことも多いApertureですが、根気よく使えば十分に活躍してくれるソフトだと思いますよ。

ありがとうございます

お返事ありがとうございます。

僕もアップル使いなのでApertureが良いのかなと思い始めています。
試用のサービルが終わっちゃったんで、決めたら購入!話なんでどうしようか悩んでいるところです。

こんな感じもいいなと思ってます。
定まらないですね。真似してやってみるのが一番かなと思ってますが。

http://www.youtube.com/watch?v=4N5gaDJyK2c&feature=plcp
http://blog.dgphotos.com.au/

Re: ありがとうございます

satoshiさん、こんばんは。

ご紹介頂いたリンクを拝見しました。
良い写真ですね。みんなすごく幸せな表情をされてらっしゃいます。
私も写真を撮るのは好きなのですが、全然このような素敵な写真が撮れずにいます。
上手になりたいもんです^^;

特にこだわりが無ければApertureを使い込むのも悪くない選択肢だと思いますよ。
最初は色々と戸惑うでしょうが(笑)

お互い写真好きとして、これからも楽しんで撮っていきましょうね!

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ELMO-Jr.

Author : ELMO-Jr.
iMac G3(Rev.D)からのAppleファンです。
iMac G3 → 初代iMac G5 → MBP(Mid 2009)と使用してきました。
Apple製品以外にもカメラ、音楽、家電製品、インテリアなど、気になったものにふと思った事なんかを書いていきたいなと思います。
よろしくお願いします。

当Blogはリンクフリーです。
また、相互リンクも大歓迎です。
ご連絡頂けましたら、こちらからもリンクさせて頂きます。

Contact me
applecapsule2009あっとまぁくyahoo.co.jp
New Entries
Categories
Blog内検索
All Entries

過去の記事一覧

Monthly Archives
Recent Comments
Web Badges
Made On A Mac
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Privacy Policy
「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。
個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。
Access Count

Administrator Only
My Photos

ELMO-Jr.'s photostream


管理人の撮影した写真をFlickrで公開しています

Favorite Links
Recommend Items
クワイアットコンフォート15 Bose MIE2 mobile headset Bose Bluetooth headset
BlogPeopleに参加中
Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople
KODAWARISAN

KODAWARISAN


マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。