スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

iTunes 10.3.1へアップデート完了!

2011年06月11日 01:53

6月9日、AppleよりiTunes 10.3.1がリリースされました。


Paper_Plane

今回の更新内容は下記の通りです。




iTunes 10.3 の新機能


iTunes in the Cloud ベータが登場。「iTunes」で購入するミュージックは、お使いのすべてのデバイスに自動的に表示されます。以前に「iTunes」で購入した項目もダウンロードできます。欲しいものが欲しいときに欲しいところに入ります。


• 自動ダウンロード。デバイスまたはコンピュータからミュージックを購入すると、Mac および iOS デバイスにそのコピーが自動的にダウンロードされます。


• 以前に購入した項目をダウンロード。以前に購入したミュージックを追加費用なしでダウンロードできます。購入した項目は、Mac 上の iTunes Store や iPhone、iPad、または iPod touch 上の iTunes App でダウンロードできます。以前に購入した項目がすでに iTunes Store にない場合は、ダウンロードできない場合があります。


iTunes 10.3 から、ブックも iTunes Store に追加されます。iTunes Store で好きなブックを見つけて購入すると、お使いの iPhone、iPad、または iPod touch の iBooks に自動的にダウンロードできます。このバージョンからは、App やブックの自動ダウンロードを使用したり、コンピュータや iOS デバイスから以前に購入した App やブックをダウンロードしたりすることもできます。




当初は10.3のリリースでした。しかしすぐにバグ対策と思われる10.3.1がリリースされたのですが、ダウンロードしても10.3のファイルが落ちてくる、といったようにApple内部でもなにやらドタバタとした様子の伺えるリリースとなりました。
数時間後に確認してみるとようやくダウンロードするファイルも10.3.1が落ちてくるようになっていましたので、私も早速アップデートしました。


ちなみに今回はソフトウェア・アップデート経由で作業を実行しました。
ソフトウェア・アップデートの画面上では相変わらず10.3の表記です。


iTunes_10_3

仮に10.3だったとしても後で再度ソフトウェア・アップデートをかければ10.3.1になりますし、あまり深く考えずにインストールを実行しました。


インストールには私のMacBook Proで2分半かかりましたが、無事終了です。
インストール後はお決まりのアクセス権の検証&修復をしておきます。そうすると、今回も1件のエラーが出ていました。




“System/Library/Extensions/AppleUSBEthernetHost.kext
 /Contents/MacOS/AppleUSBEthernetHost”上のアクセス権が一致しません。本来 -rw-r--r-- であるはずですが、実際には -rwxr-xr-x になっています。
(※実際には1行で表示されています)




修復を実行するとこのエラーはすぐに消えてくれます。もしアクセス権の修復をされていない方がいらっしゃったら修復しておく事をお勧めします。


さて、修復も終わったところで早速iTunesのバージョンを確認してみました。すると無事10.3.1になっていました。


iTunes_10_3_1

先日のWWDC以降、iPhoneの”設定”app内にも追加となった機能ですが、今回のアップデートでiTunesの環境設定内にも追加となったのが自動ダウンロードの項目です。


iTunes_Auto_DL

ここで設定しておけば、iCloudの機能のひとつである”自動ダウンロード”を体験する事ができます。
ただし、実際にこの機能を使うには上記の設定に加え、iTunesとiPhoneを同期させた時のApp設定画面にある「新しいAppを自動的に同期」にチェックが入っている事、そしてiPhoneの「設定」app内の「Store」項目でも設定しておく必要があります。


iPhone_Auto_DL

それらが設定された状態で、iTunes上でAppをダウンロードすれば、ほぼ同時にiPhone上でAppのインストールが始まります。
そうして触ってもいないiPhoneが勝手に動いている様が、今はとても驚きと新鮮さに満ちています。
しかし、しばらくすればこうした一連の動作も日常の当たり前のひとコマになっていくんでしょうね。


肝心なiTunes本来の使い勝手ですが、普通に音楽やビデオを楽しんでいる分には今のところ私の環境では特に問題は出ていません。
しかし曲情報を次々と表示させていく時の遅さは、今回のバージョンでも未だ改善されることはありませんでした。
ただ、しばらくiTunesを立ち上げて作業していると、その遅さが嘘のようにスムーズに動くことがありました。
iTunesの再起動直後にはやはりかなりの遅さなだけに、何かしらキャッシュに保存させているのかもしれませんが、本当のところはどうなんでしょうね・・・


今回のアップデートで変わった訳ではありませんが、App StoreでAppを探している時に、既に持っているAppは金額が表示される代わりに”ダウンロード済み”と表示されるようになりました。
個人的にはこれがとても重宝しています。
というのも、これまではAppをダウンロードする際に過去にダウンロードしていた事を忘れていて、またダウンロードしてしまうことが多々あったのです(笑)
でもこれで何を持っていて何を持っていないのかが一目で分かるので、とても便利になりました。


前回も書きましたが、全ての機能や変更点が自分にとって便利な訳ではありません。でもこうして少しずつ次のステージへ進んで行っているのを肌で感じると、この先自分の生活スタイルはどうなっていくんだろう、とやっぱりワクワクしちゃいます。


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ELMO-Jr.

Author : ELMO-Jr.
iMac G3(Rev.D)からのAppleファンです。
iMac G3 → 初代iMac G5 → MBP(Mid 2009)と使用してきました。
Apple製品以外にもカメラ、音楽、家電製品、インテリアなど、気になったものにふと思った事なんかを書いていきたいなと思います。
よろしくお願いします。

当Blogはリンクフリーです。
また、相互リンクも大歓迎です。
ご連絡頂けましたら、こちらからもリンクさせて頂きます。

Contact me
applecapsule2009あっとまぁくyahoo.co.jp
New Entries
Categories
Blog内検索
All Entries

過去の記事一覧

Monthly Archives
Recent Comments
Web Badges
Made On A Mac
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Privacy Policy
「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。
個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。
Access Count

Administrator Only
My Photos

ELMO-Jr.'s photostream


管理人の撮影した写真をFlickrで公開しています

Favorite Links
Recommend Items
クワイアットコンフォート15 Bose MIE2 mobile headset Bose Bluetooth headset
BlogPeopleに参加中
Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople
KODAWARISAN

KODAWARISAN


マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。