スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

手のかかるiCal

2012年03月30日 23:43

数あるiCloudのサービスの中で、現在私が今一番活用しているのはiCalだったりします。


2012_Calendar

便利ですね。
iPhone 4S、iPhone 3GS、そしてMacBook Proがワイアレスで繋がって、どこで、そしてどれで予定を更新しても他の機器でちゃんと反映されます。表示のタイムラグがもどかしかったりしますが・・・


些細なことかもしれませんが、それでも反映された瞬間は「便利な世の中になったもんだ」と今更ですが感動したりします。


<不具合に悩まされる>


ただ、どの段階でミスったのか分かりませんが、気付くとMacBook ProのiCalの中身がエラいことになっていました。
この10年間、これまで入力してきた項目のほとんどが重複して登録されていたのです。
ほとんどが2件ずつ、たまに4件も重複しているものもあります。
多いのは82件も重複し、最高でなんと890件もの重複をしている項目があったのです。


iCal_err

これには参りました・・・
iCal上から一括で削除しようと思ったら、「日」表示にして重複している項目をリストから複数選択し、削除する以外方法がありません。
しかしどういう訳か、複数選択しても削除が出来ない、というか効かないのです。何度試しても同じ。
ちなみに1件1件なら削除は出来ます。


重複している項目があまりにも多いので、あきらめて一旦iCalのデータを全てライブラリから削除してまっさらにしようかとも考えました。
そしてiPhoneやiCloudから戻そうか、とも思ったのです、が・・・


そうだった!全てデータを同期させている、イコールどれも同じ状態だったんだ。


念のためiPhoneで確認してみたところ・・・
なんと!予定が過去1ヶ月分しか入っていません。


今頃気付いて軽く焦ったのですが、冷静になってみるとこれはiPhone側の設定が「1カ月前のイベント」しか同期しないようになっていただけでした。
ちなみに同期する期間の設定は、


設定 > メール/連絡先/カレンダー の最下部にある”カレンダー”項目内の「同期」


から選べます。
とりあえず「1カ月前のイベント」から「すべてのイベント」に変更しておきました。


<作業~改善>


さて、890件を1件1件手作業で削除するのはちょっと無理がありすぎます。
Webからなんとかならないものかとアクセスして見てみると、月表示画面で当日のイベントが多いと右下にグレーの三角マークが現れます。
そのマークは”すべて表示”ボタンで、クリックすると890件のイベントが縦一列にリスト表示されました。
その状態で複数選択することが出来たので、deleteキーを押して削除を開始。
すると画面に「サーバーがエラーを返してきた」といったようなメッセージがブラクラのように表示されてしまいました。


とりあえずEnterキーを押すと止まったので、もう一度削除を・・・と思っていると、件数がどんどん減りだしました。
削除されていってるようです。


そのまま10数分放置していると、あと25件のところで処理が終わってしまいました。さっきEnterを押した関係でしょうか。
まぁ、それくらいなら手動でも削除できる範囲内です。


890件が大幅に減った事でずいぶんホッとしていた時、ふとWebのiCloud、そしてiCalを見比べてみると片やWeb上のイベントは1件、iCalの方は25件と差が生じてしまいました。
ちなみにこれは再起動しても変わりませんでした。


とにかく差を解消しようとiCalの25件のイベントを手動で削除してやり、ようやく完成。
本当に疲れた作業でした。


<正直な気持ち>


しかしiCloudの同期でなにかミスを犯してた、としても890件も重複するのはさすがに異常過ぎます。
何かソフトウェアの不具合だったんでしょうか・・・


このような不具合があったから言う訳じゃありませんが、iCalは決して使い勝手に優れているとは個人的には思えません。
使っていても、iPhoneで予定を更新するとMacBook ProのiCalが勝手にバックグラウンドで起動したり、iCalにAppleのサイトから祝日情報を取り込むと、ご丁寧にも前日の15分前(要は23:45ということ)に通知してくれるようになってたり、使い道の分からない「状況表示」があったり…等々、個人的には色々と手のかかるアプリだなぁ、というのが正直なところ。


なかでも一番の不満は、iPhoneのカレンダー.appでは任意の日付を一発で表示出来ない事。
これがかなりストレスが溜まるんです。


じゃぁ代替のアプリを便利に使えばいいのでしょうが、それでもiCal/カレンダー.appを使ってるのは、やはりApple純正ソフトだから。


Apple純正ソフトが好きな私にとってはこれ以外に選択肢はありません。
アイコンを見れば今日の日付が分かるのもかなり便利な仕様です。
昔は日付も変わる事がなかったんですが、いつの頃だったかアップデートで当日の日付に変わるようになり、私の中での利便性がグッとアップしました。


iTunesのサービスに力を入れるのももちろん分かりますが、こうした地味な純正ソフトにももう少し細部にまで手を入れてくれると有り難いんですけどねぇ・・・


↑ クリックして頂けると励みになります m(_ _)m

こんにちは。

ご苦労されているようですね。

iPhoneのカレンダーアプリですが、
week calendar がお勧めですよ。

純正よりも全然便利です。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

week calendarは初めて知りました。
ピンチイン・ピンチアウトで、表示できる時間の幅が変えられるのは確かに便利そうですね。
元々iPhoneのカレンダー.appには月か日表示しかありませんので、需要も多そうです。
情報、ありがとうございました(^^)

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ELMO-Jr.

Author : ELMO-Jr.
iMac G3(Rev.D)からのAppleファンです。
iMac G3 → 初代iMac G5 → MBP(Mid 2009)と使用してきました。
Apple製品以外にもカメラ、音楽、家電製品、インテリアなど、気になったものにふと思った事なんかを書いていきたいなと思います。
よろしくお願いします。

当Blogはリンクフリーです。
また、相互リンクも大歓迎です。
ご連絡頂けましたら、こちらからもリンクさせて頂きます。

Contact me
applecapsule2009あっとまぁくyahoo.co.jp
New Entries
Categories
Blog内検索
All Entries

過去の記事一覧

Monthly Archives
Recent Comments
Web Badges
Made On A Mac
Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
Privacy Policy
「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めることを表明します。
個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)
1. 個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2. 個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。
3. 個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4. 個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5. あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。
Access Count

Administrator Only
My Photos

ELMO-Jr.'s photostream


管理人の撮影した写真をFlickrで公開しています

Favorite Links
Recommend Items
クワイアットコンフォート15 Bose MIE2 mobile headset Bose Bluetooth headset
BlogPeopleに参加中
Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople
KODAWARISAN

KODAWARISAN


マックマニアのための最新Mac情報とMac分解バラしサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。